ガス主任技術者試験対策

ガス主任技術者試験甲種 スマホで勉強 過去問&解説【2019年度 製造編】

投稿日:






(基)問1
都市ガスの原料に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ LNG 貯槽内でLNG が層状化した場合、上層液は側壁からの入熱及び下層液との界面からのわずかな入熱によりボイルオフガス (BOG)を発生することで、徐々に濃縮し液密度が低下する。

ロ バイオガスは、下水、食品廃棄物等の水分の多い有機物を無酸素状態でメタン発酵させて得られ、その組成はほとんどがメタンと窒素である。

ハ LNG を取り扱う際に液封が起こると、外気熱による温度の上昇により、LNG が膨張しようとするため、内部の圧力が上昇し、フランジ等の弱い部分が破壊されるおそれがある。

二 メタンは、常温では空気の約半分の重さであり拡散しやすいが、約-110°C 以下の低温では、常温の空気より重いので地表面での滞留に注意する必要がある。

ホ LNG は急激な圧力上昇や温度低下により、配管中でベーパーロックが起こることがあり、送液が不可能になる等のおそれがある。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5




(基)問2
都市ガスの製造設備に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ リターンガスブロワは、LNG 船のタンク内圧の上昇を防止するための設備である。

ロ ボンネット内に液が封入される形式の低温弁は、一般に、圧力の異常上昇を防ぐため、弁体の両側にディスクホールを設ける。

ハ LNG貯槽の保冷材は、適切な強度を有し、低温域での熱伝導率が小さいこと、吸水率が大きいこと、難燃性・耐熱性に優れていることが要求される。

二 オープンラック式LNG気化器では、LNG の膜沸騰や飛沫同伴に対する配慮が必要とな るが、膜沸騰とは伝熱面のLNG が沸騰し、蒸気膜が形成され、熱伝達性能が向上する状態をいう。

ホ ポンプのキャビテーションを防止するためには、有効吸込ヘッドを必要有効吸込ヘッドより小さくしなければならない。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5







(基)問3
計装設備及び電気設備に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ フィードフォワード制御とは、制御対象のプロセス量を検出して目標値と比較し、ずれ(偏差)が生じている場合は、目標値に一致させるように制御対象に対して修正動作を行う方式である。

ロ フィードバック制御とは、制御を乱す外的要因(外乱)が発生した場合に、その影響度を予測して外乱に対応する操作を先行し、制御対象に対する修正動作を行う方式である。

ハ 非常用発電設備の容量選定にあたっては、起動する電動機の起動電流が大きく影響するため、負荷の積み上げ合計値よりも十分大きい定格容量のものが必要となる。

二 直流電源装置は、交流を出力する無停電電源装置(UPS)に比べ複雑な回路構成となる。

ホ 電気設備において絶縁抵抗の増加や絶縁物の損傷は、短絡や地絡事故につながり、さらには感電や火災等の原因になる。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5




(基)問4
ガスの成分分析及び発熱量の測定に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ ガス事業法では、ガスの熱量はガスクロマトグラフ法によって得られた成分組成から計 算によって求める方法と、ユンカース式流水形ガス熱量計によって測定する方法が規定さ れている。

ロ 水素炎イオン化検出器(FID)は、水素炎中においてカラムで分離された有機化合物成分が燃焼するときに電極間に発生する電圧を検出する。

ハ ユンカース式流水形ガス熱量計により測定する方法では、試料ガスを完全に燃焼させ、燃焼排ガスを最初のガス温度まで冷却して生成水蒸気を凝縮させる。発生した熱を熱量計に流れる流水に吸収させ、流水量及び流水の入口と出口の温度差から、総発熱量を求める。

二 ガス事業法では、ガスの使用者に対し、専用の導管により大口供給を行う場合、すべての特殊成分検査を免除される。

ホ 全硫黄の分析方法には、過塩素酸バリウム沈殿滴定法やジメチルスルホナゾル吸光光度法、イオンクロマトグラフ法等がある。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5








(基)問5
都市ガスの付臭に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ パネル法による臭気濃度の測定では、希釈倍数 500倍でにおい有り、1000倍でにおい有り、2000倍でにおい無し、4000倍でにおい有り、8000 倍でにおい無しの場合、このパネルの感知希釈倍数は、2000倍となる。

ロ 検知管法は、検知剤が充てんされた検知管に一定量の試験ガスを通し、検知剤の変色濃度から付臭剤成分濃度を求める。

ハ 付臭剤は、人間に対し毒性がないこと、土壌透過性が高いこと、生活臭とは明瞭に区別できること等の要件を備えていることが要求される。

二 ターシャリーブチルメルカプタン (TBM)、ジメチルサルファイド(DMS)、シクロヘキセン (CoHo)のうち、最も閾値が小さいのはジメチルサルファイド(DMS)である。

ホ 付臭室の空気を活性炭にて脱臭を行う場合は、活性炭層の破過に留意し、定期的な活性炭の交換を行う必要がある。

※「閾値」とは、においのついているガスを徐々に希釈し、においを感じなくなった時の濃度 (1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5




(基)問6
製造所における保安設備に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 気化装置には、液化ガスが液体のまま気化装置から先へ流出することを防止する逆流防止装置の設置が必要である。

ロ 保安電源として確保する自家発電設備の原動機には、ディーゼル機関やガスタービン等が用いられるが、確実な始動が必要なため、液体燃料とガスの切替が可能なデュアルフュエル型は使用してはならない。

ハ 製造設備の運転及び監視に係る制御システムには、サイバー攻撃等からのリスクを判断した上で、適切なセキュリティ対策を講ずる。

二 放散処理設備であるベントスタックには、放出したガスが周囲に障害を与えるおそれの無いよう適切な措置を講ずる必要がある。

ホ 遮断装置には、誤操作を防止し、かつ確実に操作することができる措置を講ずることが定められている。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5







(基)問7
ガス製造設備の建設に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ レベル2地震動に対しては弾性設計法により耐震性能評価を行う。

ロ 耐震設計では、構造物が設置される地盤について、液状化・流動化を考慮する。

ハ 耐震設計を行う上で重要なことは、構造設計、安全設計等があり、安全設計とは想定する地震動に対し、製造設備が地震で損傷しないよう強度計算等により評価し、設計するものである。

二 あらかじめ確認とは、溶接施工法、溶接士技能が技術基準に適合しているか否かをガス主任技術者が確認するものである。

ホ 溶接方法のうち、シールドガスとしてアルゴン等の不活性ガスを用い、母材と非消耗のタングステン電極との間に発生させるアーク内に溶加材を送り込んで溶接する方法を被覆アーク溶接という。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5




(基)問8
製造設備の保全に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ 異種金属接触腐食は、電位の異なる金属間に腐食電池が形成され、電位が卑な方の金属がアノード、貴な方の金属がカソードとなり、前者の腐食が進行する。

ロ 溶接部分の母材、熱影響部、溶接金属ではそれぞれ組織と硬度が異なる。このため、硬度の低い部分に集中して繰り返しひずみを受けることとなり、疲労強度の低下につなが る。

ハ 経時保全とは、設備が予定の累積運転時間に達したときに行う保全のことである。

二 応力腐食割れとは、引張応力(残留応力を含む。)発生下にある金属に腐食作用が働いて、破断応力以下であるにもかかわらず割れが生ずる現象をいう。

ホ ポンプのインペラのように気泡の発生と破壊を繰り返す結果生ずる孔食状の腐食は、腐食疲労と呼ばれる。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5








(基)問9
環境及び省エネルギーに関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ サーマル NOx の発生は、燃焼雰囲気の温度が低く、酸素濃度が高いほど、また滞留時間が長いほど増加する傾向がある。

ロ 圧力回収設備(膨張タービン)を導入することは、エネルギー使用の合理化に有効な施策である。

ハ モーターのようにコイル要素を持った負荷の場合、電圧に比べ電流が遅れた波形状態になっているため、力率改善による省エネルギーが期待できる。

二 冷熱発電のLNG 直接膨張方式は、冷熱エネルギーを圧力エネルギーへ変換して発電するため、システムが単純で市中送出ガス圧力により出力が左右されない。

ホ 特別管理産業廃棄物のうち、廃 PCB や廃石綿は、特定有害産業廃棄物に指定されている。

(1) 1
(2) 2
(3) 3
(4) 4
(5) 5









-ガス主任技術者試験対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガス主任技術者試験甲種 スマホで勉強 過去問&解説【2018年度 基礎理論編】

(基)問1 温度27°C、圧力0.1MPa、体積600㎥のプロパンの質量(kg)として、最も近い値はどれか。ただし、プロパンは理想気体とし、気体定数R=8.3J/(mol・K)とする。 (1) 106 …

ガス主任技術者 2020年度試験対策【法令】

ガス主任技術者 2020年度試験対策【法令編】 目次  ・用語、単語集  ・ガス事業法 〇保安規定関連  ・ガス主任技術者  ・熱量等の測定【頻度、場所】  ・腐臭について  ・ガス工作物の技術基準 …

ガス主任技術者 2020年度試験対策【基礎理論】

ガス主任技術者 2020年度試験対策【基礎理論編】 目次  ・用語集  ・気体の熱力学  ・燃焼範囲  ・反応、発熱 〇計算関連  ・公式一覧  ・分子量一覧  ・化学式 用語集 ボイルの法則 温度が …

no image

ガス主任技術者 試験詳細

ガス主任技術者 試験詳細 ・過去の合格率 これから受験する方 ・試験申込方法と必要書類 ・試験概要 試験の対策まとめ ・効率の良い勉強のすすめ方 ・論述の解答方法 icelady アイスレディ IPL …

no image

ガス主任技術者 甲種 試験概要

・マークシート式の試験 ・論述問題 が出題される 試験時間 マークシート 10:00~12:00(2時間) 試験内容 法令   16問全て解答 基礎理論 15問出題され10問解答 ガス技術 27問出題 …